相続

相続分


  相続分とは、相続人間において相続財産の上にもつ権利・義務の承継割合のことをいい、 被相続人となる人が遺言で定めることができる「指定相続分」と 民法の定めによる「法定相続分」との2種類があります。

指定相続分

  『指定相続分(していそうぞくぶん)』とは被相続人が遺言で、誰に何をどれだけあげるのか定めることを指します。 財産は、遺言書のとおり分けられることになります。 ただし、相続人の遺留分を減らすことはできません。(民法902条) 

法定相続分

  『法定相続分(ほうていそうぞくぶん)』 とは民法が規定する遺産に対する相続人の権利の割合を指し、各相続族人は法定相続分に応じて被相続人の権利義務を承継するものとされています。配偶者は常に相続分があり、 血族相続人となる者の順位によって各々の相続分は変わります。 民法では次のように規定されています。
法定相続人 法定相続分
1:配偶者と
   子(直系卑属)
配偶者が2分の1、子が2分の1。
※配偶者が死亡している場合は子が全部相続。
※子が数人いる場合はこれを人数で割って分ける。
※非嫡出子(婚姻外の子)は、嫡出子の半分が相続分となる。
2:配偶者と
   父母(直系尊属)
配偶者が3分の2、父母が3分の1。
※配偶者が死亡している場合は父母が全部相続。
※直系尊属が数人いる場合は、実父母と養父母の区別なく、均等の相続分になる。
3:配偶者と
   兄弟姉妹(傍系血族)
配偶者が4分の3、兄弟姉妹が4分の1。
※配偶者が死亡している場合は兄弟姉妹が全部相続。
※兄弟姉妹が数人いる場合は、各自均等の相続分になるが、その中に被相続人の父母の一方のみを同じくする兄弟姉妹が いる場合はその者の相続分は父母の双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となる。


法定相続分の具体例


1-1.配偶者と子が相続する場合の法定相続分。
・配偶者は2分の1。
・子はそれぞれ2分の1×2分の14分の1。
配偶者と子が相続する場合の法定相続分。

1-2.内縁の妻と子が相続する場合の法定相続分。
・内縁の妻は相続人にはならない。
・子はそれぞれ2分の1。
内縁の妻と子が相続する場合の法定相続分。

1-3.子の一人が相続開始前に死亡しており、孫がいる場合の法定相続分。
・配偶者は2分の1。
・子は各2分の1×3分の1=各6分の1。
・死亡した子に子(孫)がいれば、その孫が子に代わって相続する(代襲相続)。



1-4.子の一人が相続放棄をする場合の法定相続分。
・配偶者は2分の1。
・子は長女が相続放棄をしたため相続人とならない結果、各2分の1×2分の1=各4分の1。
・この場合、孫は代襲相続人とならない。



2-1.配偶者と父母(直系尊属)が相続する場合の法定相続分。
・配偶者は3分の2。
・父母は各3分の1×2分の1=各6分の1。
・この場合、兄弟姉妹に相続権はない。
・配偶者が死亡していれば父母は各2分の1ずつ相続する。
配偶者と父母(直系尊属)が相続する場合の法定相続分。

3-1.配偶者と兄弟姉妹が相続する場合の法定相続分。
・配偶者は4分の3。
・兄弟姉妹は各4分の1×2分の1=各8分の1。
配偶者と兄弟姉妹が相続する場合の法定相続分。

3-2.配偶者と兄弟姉妹とその子供が相続する場合の法定相続分。
・兄は2分の1。
・姉の子は各2分の1×2分の1=各4分の1。
・妹の孫は再代襲しないので相続分は無し。

このページのトップへ

<< 相続人 相続権を失う場合 >>
お問い合わせ

Copyright (C) 2010 冨永正道行政書士事務所 All Right Reserved