相続

相続人


法定相続人

  遺言がない場合、あるいは遺言が法律的に有効なものでない場合は原則として法定相続分により遺産を分割しますが、 相続人間で話し合いがまとまれば、どのような分け方でもかまいません。 法定相続分に縛られる必要もありません。 しかし話がまとまらない場合も発生しがちです。 そのような場合のために相続人になれる者の範囲と順位が、民法で決められています。これを『 法定相続人(ほうていそうぞくにん)』と言います。
 法定相続人に常になれる人は配偶者(法律上の夫または妻)で、必ず相続人になれます。 他には、(1)子(直系卑属)、(2)父母(直系尊属)、 (3)兄弟姉妹(傍系血族)の4種類の立場の人で、数字が小さいほうが優先順位が高くなります。 (1)〜(3)のいずれかが相続人となり、同時に相続人にはなれません。 また遺言がない場合には、内縁の妻や夫はもちろん、たとえ親族であっても嫁や叔父・叔母な どは遺産を受継ぐことができません。もし、内縁の妻や長男の嫁、叔父・叔母などに遺産 を残したいのであれば、これらの者を受遺者とする遺言書を作成する必要があります。

相続人の順位


配偶者は常に相続人になる


  法律上では『配偶者は常に同順位の法定相続人になる』とされています。

第1順位の相続人


  被相続人に子がある場合には、子と配偶者が相続人となります。 実子・養子ともに相続人になります。  嫡出非嫡出ともに相続人になります。(ただし、非嫡出子の法定相続分は嫡出子の2分の1)  他家へ養子に出した子供も相続人になります。(ただし、特別養子縁組は除く) 孫は相続人ではありません。しかし被相続人より先に亡くなった子供に子供(被相続人にとって孫)があるときは、その孫は、亡くなった子供に代わって相続人になります。(代襲相続) 孫も先に亡くなっている場合はひ孫が相続人になり(再代襲といいます)、もしひ孫が・・・と何代先でも子があれば相続人になります。

第2順位の相続人


  第1順位の相続人が存在しない場合、または相続の放棄をした場合には、 直系尊属が相続人となります。 直系尊属が数人いる場合はもっとも親等の近いものだけが相続人となります。 例えば被相続人の母親と父方の祖父母の合計3名が存命の場合、母親だけが相続人になります。 また実親・養親ともに相続人となります。 ただし、特別養子縁組をしたときの実親は相続人にはなりません。

第3順位の相続人


 第1順位の相続人、第2順位の相続人が共に存在しない場合、または共に相続の放棄をした場合、兄弟姉妹が相続人になります。 実の兄弟、養子縁組による義理の兄弟共に相続人になります。 (両親の一方だけが同じ兄弟の法定相続分は、両親ともに同じ兄弟の2分の1) 被相続人より先に死亡した兄弟姉妹に子供がある場合は、その子供が兄弟姉妹に代わって相続人になります。 ただし、第1順位の相続人と異なり、兄弟姉妹の子供が先に死亡していた場合は、死亡した子供に子供がいたとしても相続人とはなりません。 (兄弟姉妹に再代襲はありません)

図:法定相続人

このページのトップへ

<< 相続手続きの流れ 相続分 >>
お問い合わせ

Copyright (C) 2010 冨永正道行政書士事務所 All Right Reserved