相続

相続手続きの流れ


  相続の手続は遺言がある場合とない場合では手続きの流れが変わります。 遺言がある場合は原則として遺言にしたがって遺産分割となり、 遺言がない場合、あるいは遺言が法律的に有効なものでない場合には法定相続人の間の遺産分割協議となります。

遺言がある場合

相続の開始(被相続人の死)
死亡届の提出
死体火葬許可申請書の提出
被相続人の死亡を知った時から7日以内
遺言書の検認(自筆証書遺言・秘密証書遺言)
(公正証書遺言は検認手続きの必要なし)
遺言執行者の選任
遺産分割
(遺言にしたがって遺産分割される)
各財産の名義変更手続き
相続税の申告・納付
被相続人の死亡を知った時から10ヶ月以内

このページのトップへ


遺言がない場合

相続の開始(被相続人の死)
死亡届の提出
死体火葬許可申請書の提出
被相続人の死亡を知った時から7日以内
相続人の確定
相続財産の調査(財産目録の作成)
相続方法の選択(限定承認または相続の放棄
被相続人の死亡を知った時から3ヶ月以内
準確定申告
・相続財産の確定・評価
被相続人の死亡を知った時から4ヶ月以内
遺産分割協議
・協議成立 ・協議不成立
・遺産分割協議書の作成 ・調停・審判
・財産の名義変更
相続税の申告・納付
被相続人の死亡を知った時から10ヶ月以内

このページのトップへ

<< 相続の基礎知識 相続人 >>
お問い合わせ

Copyright (C) 2010 冨永正道行政書士事務所 All Right Reserved